忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
日々のことを徒然と。あと、絵や二次小説も掲載しています。主にリリカルなのは中心です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kinkaku.jpg  kiyomizu.jpg

先日言ったとおり、京都に行ってきました。

その証拠にというか、記念のような感じで撮った写真をうpします。携帯で撮ったものですけどね^^
左はもちろん、金閣寺。右側も有名な清水寺です。
実は私、小学校の修学旅行で京都に入ったのですが、清水寺には行ったことがなかったんですよね。
だから今回ようやく有名な「清水の舞台」にも行けて、大満足ですよw
金閣寺は一度その時に行ったのですが、やっぱり大人になってから行くとまた違いますね。
日本人でも、というべきか日本人だからなのかは微妙なところですが、あれほど豪奢な建物を見ると感動しますね。行ってよかったです。

他にも坂本竜馬の墓、八坂神社、二条城にも行ってきました。どこも楽しく過ごすことができたので良かったです。
八坂神社に行ったのは、その名前ゆえでしたね。風神録的な意味でw

sakura.jpg

あと、桜もちょうど綺麗だったので写真に収めました。
やっぱりいいですねー。桜を見ると無条件で心が安らぎます。それと同時に、おお桜だ、って興奮もするわけですがw
季節的にもいい時期に行ったんじゃないかと思いますね。


とまあ、こんな感じで京都の旅は凄く楽しかったです。
新幹線の時間以外はまったくのノープランで行った京都でしたが、思いのほか楽しめました^^
またこうやってどこか行けたらいいですね。秋頃には就職活動も待っていることですし、今こうして遊んでおかないと・・・orz

次はどこ行こうかなぁ。






以下、拍手レス

>理想郷の最新話読みました。生身で弱いと自覚してるトコがナイスかと♪
本当は武もそれなりの技能は持ってるんですけどね。冥夜と剣術訓練したり彩峰と格闘訓練したりしているわけですし。でも、武自身はそんなことに頓着はせず、わりと無関心でいたと思うんですよね。なにしろ、ヒト相手に戦う機会って彼女らとの訓練以外にはないわけですし。
まあ、実際その道のプロとやったら負けるのは当たり前ですしね。何となく武が何でも最強っていうのは納得できないので、そんな感じにしてみました。受け入れられてホッとしています^^

>決して最強ではないが、強くあろうとするその姿が恭也の魅力ではないかと思います 
ああ、そういうのもいいですよね。まさに上述した武がそんな感じですけどw 恭也もまた、そうして自分を磨き続けるところがカッコイイですよね~^^

>自分も強くない主人公にあまり魅力を感じない人なので、強い恭也は大歓迎です! 
私の場合、最強もいいが、どこか足りないって感じが好きですね~。全部じゃなくて、なんかこれだけは強くないっていう部分が欲しいんですよね。その点、恭也とかはそんな感じですごくストライクでした。
まあ、基本強いキャラがいいんですけどね!w


PR
≪  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  ≫
HOME
Comment
京都へ行こう
言ってくれれば京都なら案内したのにぃ@w@;

ちなみに、今日京アニに行ってきました。
遊人K 2008/04/07(Mon)03:56:54 編集
RES
あれ、お久しぶりです^^
そういえばKさんには地元でしたね。すっかり失念していましたw

京アニ行ってきましたか。
私も機会があればいつか行ってみたいですねぇ。
とりあえず、京都は楽しめたのでよかったです^^
雪乃こう 2008/04/07(Mon)15:07:07 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  ≫
HOME
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Web拍手
オススメ商品
1500円以上送料無料!
プロフィール
HN:
雪乃こう
HP:
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
絵描き、二次小説書き&読み
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
[11/27 NONAME]
[05/12 backlink service]
[01/27 ハル]
[01/05 たすく]
[12/30 匿名さん]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]